弁護士の無料相談を体験してきました

損害賠償請求されそうだという事を、以前書きましたが、その事についての体験を書きたいと思います。

なぜ損害賠償請求されそうなのかと言うと、以前勤めていた会社の社長から、「似たようなサーバーがあるけど解約していい?」と確認を求めてきたので、私も使ってない方の事言ってるんだなと勘違いをしてしまい、「いいですよ」と答えた所から悪夢が始まりました。

実は解約してしまったサーバーは使用しているサーバーで、中のウェブサイトなどのデーターが全て消えてしまい、お客様の運用していたサイトがなくなってしまいました。それを聞いた時は生きた心地がしなかってですね。

トラブルが起こった時は最善の策を考え対応

とりあえず、まず自分の今出来る最善の方法は、復旧しかないと思い、まずはローカルにあるサイトデータを本来消すはずだったサーバーにアップロードしました。

データベースも、ローカルに情報がありましたので、インポートしました。ですが、一筋縄ではいかず、何故かエラーになってしまい、エラーの対応に追われ、復旧までにかなりの時間がかかってしまいました。

消えてしまった商品を再登録作業がありましたが、CSVでインポートしてある程度は完了しました。

現状のブラック企業での残業と復旧作業とで、かなり心身ともに疲れはて、体調が良くないな〜(何もやる気がない、眠れない時がありました…)と思い病院へ行ったら、躁鬱だと診断されました。

鬱については、また後日話したいと思います。ブラック企業は人を破壊していきます。

とりあえず復旧頑張りましたが、以前勤めていた会社から保証をしてもらう可能性がある的なメールがありましたので、弁護士に相談する事に。

弁護士無料相談の情報をネットで調査

まずは、弁護士に相談前にネットで色々調べました。初めての事で弁護士というキーワードで調べた事ないので、どんなサービスがあるのだろうと思って探してみた所、下記ポータルサイト2件見つけました。

弁護士ドットコム

日本最大級の弁護士相談ポータルサイトで、オンラインで法律相談が受けられて、相談に対して弁護士が回答してくれます。相談件数は何と1ヶ月に8000件以上だそうです。それだけ色々と問題を抱えている人がいるという事でしょうか。

また、地域、駅・路線、分野から弁護士さんを調べることができ、自己紹介や取り扱った事件、料金表などの情報が載っていて、細かく自分に合った弁護士さんを探すことも可能です。

他にも複数の弁護士さんに見積もりを出せる一括見積もりや、法律ニュースなどのサービスもあり、充実した内容となっています。

私は、相談をしなくてもログインをすれば様々な質問やそれに対しての回答を見れますので、それだけでも十分な情報になりました。

ここなら法律相談

こちらも、地域、分野別で弁護士検索でき、細かい弁護士の情報を詳細ページで確認できます。内容として「プロフィール」「インタビュー」「注力分野」「事例紹介」「料金表」「地図」が確認できます。

その他に法律Q&Aと言うものがあり、相談・質問をし、それに対して回答をもらえます。相談前に匿名で手軽に質問したい場合に活用できそうです。

会員数80万人のフリマサービス「ココナラ」が運営しているので、安心感がありますね。

とりあえず、私は上記のサービスは凄くいいサービスだと思いますが、そのままもう直接相談をしようと思い、無料法律相談を電話で予約しました。その時に活用したサイトが「福井弁護士会」になります。

初の弁護士相談

福井で弁護士相談となったら「福井弁護士会」を活用する方多いのではないでしょうか。

相談当日、何故か緊張しました。初めての弁護士相談という事と、弁護士の人と初絡みという事で、初めて尽くしでこの歳でまだまだ経験できる事をあるのだなと感じました。

まずは弁護士会があるビルに到着後、すぐにエレベーターで7階に、廊下を渡ると弁護士相談はこちら的な紙が貼ってあり、左に曲がると右手には、相談前のチェック項目の書かれた用紙がありました。

何を書いてあったのかちょっと忘れてしまいましたが、確か交通事故やら相続関係などがあり、私は用紙を記入して備考欄に「保証をどれぐらい自分が持つのか」という事を記入しました。

先客がいて何か相談をされているようでしたが、内容は控えさせて頂きます。結構困っていた感じでしたね。世の中法律相談に来るぐらい困っている人いるのだなと。って自分もです^^;

弁護士相談の結果

暫くすると自分の番が回ってきてこちらへどうぞと通され、中へ入ると弁護士さんが。まずは挨拶。印象はとても真面目そうな人だなぁと思いました。

なぜ損害賠償を受けたのかと言う経緯をまずは話し、その後に私が払う損害賠償の割合を聞きました。

回答ですが、まず会社が保険に入ってるかどうかを聞かれたのですが、個人事業主みたいな会社なので、そんなものは絶対入ってないやろうと思いながら、入ってないですと答えました。

とりあえず、復旧作業は頑張っていることを伝えました。

結論を言うと、最後まで復旧作業頑張って、復旧作業を頑張ったと言う証拠を見せるのが大事ですねと言われ、前の会社は給料未払いの分があるので、この未払いの分と相殺でますとの事です。

なんだかんだやりとりしてるうちに、すぐに30分が来てしまい、詳しい金銭的な部分は30分では足りず、時間が必要かなと感じました。

感想ですが、無料相談は30分のみなので、詳しいことは聞けませんでしたが、裁判になる前にまずはやるべき事を聞けたのでよかったかなと思いました。

本格的な裁判になったら、責任の所在を明らかにするための戦いになると思いますが、落ち度が無いように準備しておきたいと思います。