損害賠償請求をされそう…対策を考えます!

以前働いていた会社で、某会社(会社Aと言うことにします。)のサイトを作成したのですが、その会社に損害賠償すると言われています。

自分は実は以前の会社(会社Bと言うことにします。)で全く給料が払われておらず、とりあえず自分も生活があると言うことで、会社Bで無償で働きながら副業もしていました。会社Aのサイト制作を会社Bですることになり、副業をしながらの作業のため、あまり時間が取れていなかったのですが、とりあえず納期に間に合わせると焦って仕事していました。

会社Bをやめればよかったのですが、知り合いと言うことと、一緒に会社を盛り上げよう!と言うこと(本当は1人で個人事業主でやろうと考えてました。)を会社設立当時言ってましたので、途中で辞めるというのは自分の中で許せなかった部分もありました。(アホですね…)

テストや文字校正もできずアップすることになってしまい(間に合わせるという圧力があり言い出せなかったです)、やはり色々ミスがありクライアントも怒ってしまい、怒るのも仕方ないですし、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

ですが、とりあえず夜中まで仕事を頑張って納品はしたので、あとは会社Aと会社Bが一緒にサイトをよくして売上拡大させる為に、共闘していくことを考えていく方がいいと思うのですが、なかなかうまく回っていない感じですね…

損害賠償請求を折半っておかしいです。

 

会社Aが会社Bに対して400万円の損害賠償請求をするという話になっているようで、会社Bの社長から折半の話がきていたのですが、正直折半をするつもりはないです。

私は一応会社Bの社員ということなので、給料をもらって時間を売るということになると思うのですが、一切給料を支払われていない(約1年間)のと、会社が厳しい時に、株を買うということにして200万円会社に売り込んでいるので、500万近く会社に貢献しています。

しかも社長は会社Aから制作費として200万受け取っていてしかもコンサル料として50万ぐらい受け取っていて、自分は無償で制作していて何も恩恵を受けていないので、それでまた400万折半っておかしいと思います。法律上はどうかわからないですが…

損害賠償請求とは?

 

まず、損害賠償という言葉はわかっているのですが、詳しく調べたことがなかったので調べた所、損害賠償とは債務不履行不法行為によって損害を受けた場合損害の保証を相手に請求できることだそうです。

債務不履行(さいむふりこう)とは、債務者が、正当な事由がないのに債務の本旨に従った給付をしないことをいう[1]

債務不履行 wikipedia.

債務不履行とは簡単に言えば、相手が約束通りの義務を果たさないことで、約束した期日に間に合わせないことや、引渡すものを壊してしまい、渡せなくなったなどです。地震などで期日に間に合わなかったなどは、債務不履行に該当しないようですね。

不法行為(ふほうこうい)とは、ある者が他人の権利ないし利益を違法に侵害する行為[1][2]。また、その場合に加害者に対して被害者の損害を賠償すべき債務を負わせる法制度である。

不法行為 wikipedia.

不法行為は行為が違法なことや、故意や過失に基づくことで、不倫や相手に怪我をさせたなどが該当します。

もし損害賠償請求をされたとすると、制作物にミスがあったので債務不履行に該当するのかもしれません。その中でも逸失利益と言うものがあり、逸失利益とは不法行為によってえられなくなってしまった収入ということで、ミスがありそれによって、得られるであろう収入が得られなくなり、損害が発生している事が考えられます。

損害賠償請求をどう対処するか考えます。

 

1人で悩んでいても解決しないので弁護士に相談するのが一番良い方法ですね。弁護士費用がかかるから相談しにくい、という人もいるかもしれませんが、各都道府県に弁護士会があり、無料の相談会を随時開催しているようなので、無料相談できるようですね。私の県では相談前には電話予約が必要なようなので、もし本当に損害賠償請求がきたら電話予約を取り、相談に行きたいと思います。とりあえず、こういった会社がらみの損害賠償に詳しい弁護士がいるといいのですが…

ネットにも「弁護士ドットコム」というサイトがあります。

弁護士ドットコムは無料で法律相談できる「みんなの法律相談」や、地域や分野などから弁護士や法律事務所を探せる「弁護士検索」などがあり、そこでまず初めに相談してもいいかもしれませんね。その後、直接弁護士と対面で相談してもよろしいかと思います。

まとめ

まずは損害賠償請求がきたら慌てずに、なぜそうなったのかを考え、当時の状況を紙に洗い出して、それを弁護士に見せて一緒に共闘していくことを考えていきたいと思っています。皆様も普段の仕事で損害賠償など考えた事なかったと思いますが、損害賠償される可能性も0ではないので、仕事に責任を持って行動することと、何か問題があった時は早急に上司に相談するなど、リスクを回避する方法を考えておくことをお勧めします。