WordPressのお勧めテンプレートをご紹介します!無料・有料を集めました!

しげ
おはこんにちはこんばんは!今日は気分はぼちぼちな上級ウェブ解析士の岡田です!

本日はお勧めのWordpressテンプレートを紹介します!

WordPressのテンプレートは有料、無料ありますが、私は有料テーマを活用しています。以前は無料テンプレートを色々使用していましたが、今現在は有料テンプレートを使用しています。私が思った事は、有料テーマはデザインが優れていて、デザインをカスタマイズしなくても、すぐにテンプレートを活用できる点がとても良いと思いました^ ^

それとカスタマイズ性にも優れていて、私の使用しているテンプレートはAMPPWAが設定できるようになっていますし、ランキング機能やCTA管理、タグ管理などなど、様々な機能が使用できる点も有料のメリットになりますね!

AMPとは
AMP(Accelerated Mobile Pages)とはGoogleとTwitterで共同開発されている、モバイル端末でウェブページを高速表示するためのプロジェクト、またはそのためのフレームワーク(AMP HTML)のことです。
引用元 SEO HACKS https://www.seohacks.net/basic/terms/amp/

PWAとは
PWAとは、「Progressive Web Apps」の略称で、モバイル向けWebサイトをGooglePlayストアなどで見かけるスマートフォン向けアプリのように使える仕組みです。PWAはそれ自体が何か特殊な一つの技術、というわけではありません。レスポンシブデザイン、HTTPS化など、Googleが定める要素を備えたWebサイトであり、オフラインやプッシュ通知に対応するためのブラウザAPI(Service Workerなど)を利用しているWebサイトをPWAと呼びます。
引用元 SEO HACKS https://www.seohacks.net/basic/terms/pwa/

その他にも様々なカスタマイズ機能やユーザーフォーラムなどなど、サービスが充実している点が有料テンプレートの利点になります。

お勧めのWordpress無料テンプレート

それではまずお勧めの無料のWordpressテンプレートをご紹介したいと思います。

Xeory Base

Xeory Base

こちらはバズ部が提供しているWordpress用のテンプレートになります。Webマーケティングに強いバズ部が提供しているだけあって、SEOについての知識がテンプレートに盛り込まれています。

デザイン面ではとてもシンプルで、そのままシンプルに活用しても良いとは思いますが、シンプルなデザインだけにカスタマイズもやりやすいと思いますので、自分の色を出す事をお勧めいたします。

私はバズ部さんのテンプレートはよく活用させていただきました^ ^
「Xeory Base」ですが内部対策はもちろんですが、ちゃんとSEO対策がされているかどうかのチェックボックスが設置されていて、対策漏れがないかどうか確認できる仕様になっています。

項目に沿って対策すれば、内部SEOは問題ないと思いますので、SEO対策に優れ無料のテンプレートお探しの方にはお勧めのテンプレートになっています。

LION BLOG

LION BLOG

こちらはFITが提供するテーマで無料でありながら、先ほどお伝えいたしましたAMPをプラグインなしで使用できるテーマとなっています。サイトの表示スピードはGoogleはかなり重要視していますので、AMPを使用可能なこのテンプレートはSEO対策に有効だと思います。

デザインはある程度洗練されてはいますが、私的に少し気になる部分がありましたので、デザインのカスタマイズは多少しました。

このテンプレートの特徴に、無料ですがカスタマイズ性に優れていて、「SEO設定」「AMP設定」ほかに広告やCTAの設置などなど、その他に様々な設定が可能となっています。有料と遜色ないぐらいのテンプレートです。

無料で有料並みのテンプレートを活用したい方にお勧めのテンプレートになっています。

h3 Cocoon(コクーン)

Cocoon

SEO・高速化・モバイルフレンドリーに最適化されたwordpressのテンプレートで、こちらもAMP・PWA対応のテンプレートになっています。こちらの特徴は何と言ってもW3CのHTML5バリデーションのエラーが0、W3CのCSSバリデーションのエラー0となっていて、W3Cに準拠されたテンプレートとなっています。

PageSpeed Insightsではテーマ側の設定のみで100点~90点は取れるそうです。SEO対策に表示速度は重要なので、どのテンプレートもバッチりサイトの表示スピード対策していますね。

レスポンシブやモバイルフレンドリーはもはや必須になってきていますので、ここは抑えることは当然だと思います。

このテンプレートの特徴はサイト表示速度が早い事と、W3Cに準拠されたサイトでHTMLの構造化がしっかりされている事だと思います。

Cocoon(コクーン)
https://wp-cocoon.com/

お勧めのWordpress有料テンプレート

ザ・トール

ザ・トール

まず有料テンプレートとして私のサイトでも使用している「ザ・トール」をご紹介いたします。

ザ・トールは一流のWEBデザイナー・SEOコンサルタント・月間数百万円稼ぐアフィリエイター・年間1000万円稼ぐブロガーなどが開発に加わり、そういった方々のノウハウが詰まったWordpress用テンプレートとなっています。

何と言っても一流のデザイナーが制作したというWordpressテンプレートが、ボタン一つで使用できるという特徴があり、デザインが優れていますので、カスタマイズせずにデザイン性のあるテンプレートをすぐに活用できます。

AMPとPWAはもちろん設定可能で、HTMLを圧縮したりimgを非同期にしたりと様々なカスタマイズが可能となっています。

メールサポートや会員フォーラムも設置されていますので、いざという時にメールサポートや会員フォーラムで問い合わせや質問ができますので、安心してテンプレートを活用できます。

その他、タグの管理やタグランキングなど、ランキング形式で商品紹介が可能簡単に設できますので、amazonアソシエイトや楽天アフィリエイトでの商品紹介記事で大変重宝される機能が付いています。

STORK(ストーク)

STORK

私が「ザ・トール」か「STORK(ストーク)」どちらを使用しようか迷ったテンプレートになります。

「ザ・トール」になぜ決めたかというと、「STORK(ストーク)」では1サイトでしか使用できないからです。私は複数ブログを展開していきたいと思っていますので、「ザ・トール」にしましたが、1サイト絞り込んでブログ運営をしたい方や、サイトごとにデザインを変えたい方などは、特に問題ないと思います。

STORK(ストーク)は有名ブログマーケッターが監修しているということもあり、マーケッターのノウハウが盛り込まれているテンプレートになります。「モバイルファースト」を改めて考え直したテンプレートで、スマホから見た仕掛けが素晴らしく、今のスマホ時代にはとてもマッチしているテンプレートですね!

AMPは対応していない様なので、AMPを使用したい方は、AMPプラグインで別途対応が必要になります。足りない部分はWordpressにはプラグインという素晴らしい機能があるので問題はないと思います。

STORK(ストーク)
https://open-cage.com/stork/

Diver

Diver

DIVERはサポートがとても充実しているテンプレートで、サポート期限や回数、利用料は全て無期限で手取り足取りサポートしていただけるという、充実したサポート体制を持っているテンプレートです。

サポート体制の背景には「お客様の声が「Diver」をより強化して成長させてくれる」という理念を掲げ、「Diver」はこれからもさらに進化していく、とても注目度の高いテンプレートになります。

UIでは本当にメディアサイトかと思わせるぐらいで、様々な機能が豊富に用意されています。なので、ただブログだけで活用するにはもったいない気がしますので、今後アフィリエイトやオウンドメディアを運営していきたい方にはかなりオススメのテンプレートになります!

まとめ

無料と有料のテンプレートを紹介いたしましたが、まず初心者の方は無料のテンプレートで記事を量産していき、ある程度のトラフィック(流入)が見込めてきたら有料に切り替えてみて反応や検索順位などを確認していく方法がオススメです!